節分や立春が過ぎて食べたい物

節分もとっくに過ぎましたが、まだまだ風も強くジャケット無しでは、外出も難しいほど寒いですよね。

節分の次は立春といいますが、最近近くの公園で梅の花の開花を見つけて、春が近付いている事を感じました。

そもそも、立春とはどのような日だか知っていますか?

日本では1年を24つにわけ、ニ四節季として考える風習があります。

そして、その24つある季節の1番始まりが、立春になるのです。

今年の立春は4日でしたが、この立春の日付が変わることがあることがあるのです。

それは、立春は太陽の傾きが315度になっている日をさすため、この太陽の傾きにより3日になったりすることがあるということなのです。

また、立春とは日のことではなく、期間のことを示しているのです。

立春とは、節分の次の日から雨水までの期間を立春と呼びます。

雨水は2月19日であることから、立春は2月4日から2月18日までの日のことを言うのですね。

立春と聞くと、字面からも春が近付いてきている感じがしますよね。

そんな中で、この立春に食べておきたい食べ物を調べました。

この時期に食べておきたいものの1つ目は豆腐です。

節分の日に豆をまき、清められた大豆で作られた豆腐は邪気を払うと言われています。

また、サザエも食べておきたいもののひとつで、キス専用美容液にも書いてありました。

サザエは、この時期がちょうど1番美味しい時期にあたるのです。

また、サザエにはアミノ酸や鉄分、タウリン、コラーゲンやビタミンなど体に嬉しい成分を多く含んでいます。

美味しい時期に美味しいものを食べて、新しい季節を迎えたいですね。