買い物中の子供の「まだまだ攻撃」への対応

先日、子供の靴を探しに行きました。

そしたら時期的なものなのか、このサイズでこの色が欲しいのにない状況だったのです。

一件目はしょうがないので諦めましたが、もしかしたら婦人サイズでもいけるのでないかと思って、違うお店で探すことにしました。

いざ履いてみると、ちょっとがぽがぽしてるので運動などをすると靴擦れする恐れがありそうなので断念しました。

また、子供コーナーでも探しましたが、中々良いものがなかったので、この日は諦めることにしました。

探してる最中に下の子が疲れきってしまって、「まだ~?」って何回も声をかけてきました。

下の子の靴はあっさり決まったので疲れてしまうのはわかりますが、また出直してというのも面倒だったので、出来ればその日に買おうと考えていました。

そのような「まだまだ攻撃」があって、私も主人もさすがに疲れてしまいました。

夜ご飯のおかずは昼に用意していたのですが、何となく何も買わずに帰るのも楽しみがないので、ハンバーガーとポテトを買ったのです。

そしたら、外食するぐらいの値段になったので、これからはもっと違うものにした方が良いなと思いました。

けっこう今までの経験上、疲れてしまった時には何か買うことになってしまいます。

なので、これからは前もって何かを用意するようにして、お腹が空いた時でも対応できるようにしたいです。

それに、こういうのが無駄遣いの第一歩だと思っていますので、気を付けて行動していきたいです。

疲れた時用のお菓子なども用意しておくと、何も買わなくても済むので、出かけるとわかっている時には事前に対策したいと思っています。

帰宅したら、メルラインでも見ながらゆっくりしたいです。